据え置き型浄水器のカートリッジの寿命

より安全な水道水を使う為の浄水器ですが、多くの人は据え置き型か蛇口直結型、アンダーシンク型を使っているでしょう。

特に据え置き型は値段も安いですし、浄水性能はそれなりにあります。しかも取り付け工事は必要がありませんので、最も性能と導入のしやすさを兼ね備えていると言っても良いでしょう。そんな据え置き型浄水器の性能についてですが、どれだけの不純物を取り除けるのかだけではなく、定期的に交換しなければいけないカートリッジについても結構優れているのです。

浄水器という物は、カートリッジと呼ばれている部分に不純物を取り除くフィルターが存在します。このフィルターのおかげで、水道水に含まれている不純物を取り除けるというわけです。しかし、使い続けていくと汚れて浄水性能がどんどん落ちてしまいます。なので、定期的に交換する必要があるわけです。蛇口直結型はこの寿命がかなり短く、なんと3ヶ月に1回というペースで交換をしなければいけません。

据え置き型の浄水器は、大体の商品は1年くらい持ちますので、短期間で交換しなければいけないという事はありません。商品によっては6ヵ月(半年)というのもあるかもしれませんが、ほとんどは1年持ちます。アンダーシンク型も1年くらい持ちます。このように比べると、蛇口直結型は安くて取り付けがかなり簡単ですが、据え置き型と違ってカートリッジの寿命が短く、すぐに交換期間が来てしまうので手間がかかるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *