生活全般に浄水器を使用するなら据え置きタイプを

浄水器は生活用水である水道水を浄化するものですから、水道水に近い水量であることが望ましくなっています。

また飲用水だけに限らず野菜洗い、風呂、シャワーなど水道水と同じくすべてに使用できるものが理想です。浄水器は水道の蛇口に直接取り付けるタイプのものや、普及据え置きタイプなどの種類があります。浄水器の種類によって水の流出量が違ってきますので、購入するときには毎分何リットルの水が出るのか説明書などよく見て、購入するようにしてください。

水量が少なくて洗面程度しか利用ができないといった製品もありますので、生活全般の水をこの機器で利用したいと思う人は毎分の水量が多く出てくる製品を選ぶようにしましょう。蛇口直結タイプの浄水器は、蛇口の先端に機器の本体を取り付けるため安価で簡単ですが、濾過能力や流量は高くなくまたカートリッジの交換も、頻繁に行わなければなりません。据え置き型タイプは、蛇口の先端と機器本体をホースでつないで使用することになります。

蛇口直結型より濾過水量や濾過能力が大きく、用途が広いのが特徴です。浄水器の中にはキッチンの下に取り付け可能な機器もあります。水量は水道と変わらない機器もあり水道管と接続することができる種類もあるのです。水量が少ない据え置き型の機器になると、水量が少ないため蛇口とは別に専用水栓が必要になってくるので余分なお金がかかってしまうこともあります。生活全般に使用するのなら、据え置き型の水量の大きい機器を購入するのがベストです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *