据え置きタイプの浄水器について

浄水器を使いたいけれど、種類が沢山あってどれを選んだらいいのか分からないという方は多いのではないでしょうか?流しの下に設置できる「アンダーシンク型」、手軽に使える「ポット型」、そして本格的な浄水機能が期待できる「据え置き型」などがあります。

ここでは「据え置き型」の浄水器について特徴を述べていきたいと思います。「据え置きタイプ」の浄水器は基本的にキッチンのシンクの上に置くことになります。「ポット型」や「蛇口直結型」と比べても浄水能力は非常に高いので、高品質な美味しいお水を飲むことが出来ます。あと設置工事が「アンダーシンク型」と比べて、初期設置が比較的簡単なのも魅力です。

カートリッジの交換目安も6か月~12か月と比較的長めなのが嬉しいですね。高品質なお水が飲めるのが魅力的な「据え置きタイプ」ですが、値段が高めになっていてメーカーや種類によっては数十万かかってしまうこともあります。

あと簡単に設置できるのも魅力ですが、それなりに広いスペースを必要とするので、キッチンが狭かったり既に物が沢山おいてあるご家庭では設置が難しいかもしれません。本体やホースの衛生状態を保つために、定期的にメンテナンスを行う必要もあります。「据え置きタイプ」の浄水器を中心に述べてみましたがいかがでしたでしょうか?それぞれの浄水器のタイプによってメリットもデメリットも違ってきますので、ご家庭に合ったタイプを見つけたいですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *