浄水器の正しい選び方

浄水器は家庭で気軽に取り入れることができます。

水道水は殺菌消毒する際に塩素を使用しています。この塩素は残ってしまい、さらにトリハロメタンと呼ばれる発がん性の恐れがある物質を生成するので危険です。浄水器は水道水をきれいにする働きがあるので安心して水を使うことができるようになります。それぞれの家庭にある給水栓や蛇口に取り付けることが可能です。

使い方や設置する場所に応じて種類が分かれるので、自分のニーズに合った選び方をすると良いです。蛇口直結型は蛇口に直接設置します。多くの人に利用されているタイプで価格が安いというのが大きな特徴です。簡単に設置することが可能でサイズも小さいので妨げになりません。水を飲む、米を洗う、野菜の汚れを落とすなどといった日常的な炊事にも使いやすいです。据え置き型の場合は浄水器を直接シンクの上に置きます。

本体のサイズが大きめなので設置する場所が必要となりますが、その分フィルターが長持ちするという点がメリットです。有害物質を除去する力が強いので、安心して水を使うことができます。アンダーシンク型はフィルターを流しの下に設置するので邪魔になりません。

比較的価格の高いものが多いですが、フィルターの寿命は長いです。浄水する性能が優れているので安心です。その他にも様々なタイプが存在します。まずは浄水器の選び方に対する知識をしっかりと身に付けて、自分に合った正しい選び方ができるようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *