据え置き型の浄水器について

浄水器の設置方式の中には蛇口直結型とビルドイン型(アンダーシンク型)があります。

他にもポット型がありますが、あまりメジャーではありません。そして、メジャーな設置方式の一つに据え置き型があります。これは何と言っても設置が簡単ですし、性能も蛇口直結型より高く使いやすい物となっています。

手軽に導入したいけど、蛇口直結型は性能に納得出来ないという人は据え置き型がおすすめです。ちなみに、ビルドイン型はシンクの下にある配水管に取り付けるというタイプで、業者の工事が必要になります。

据え置き型の浄水器はメジャーなので、これを選ぶ人は多いのですが、購入前に一つだけ注意しなければいけない事があります。性能はもちろん、商品ごとに違いますので、そこはきちんと見なければいけません。

まず、据え置きタイプはシンクの上に置くタイプの浄水器となっていますので、結構広い場所を取ってしまうのです。商品によっては縦に長くてあまり場所を取らないのもありますが、それでもシンクが狭い家庭にとっては厳しいものがあります。

なので、まずは浄水器の大きさを測ってから購入するかどうかを決めましょう。そうしなければ、購入した後に設置が出来ずに返品という事態になってしまうのです。

据え置き型の浄水器は設置がしやすく、物によりますが性能もあります。しかし、設置する際に場所を大きく取ってしまう欠点がありますので、自宅にあるシンクの広さと商品の大きさを調べてから買いましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です